スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
京都で過ごしたXmas【嵐山・渡月亭泊と再び祇園】*
2日目は「渡月亭」さんへ宿泊。
折角の京都です、本当の料亭の和食を
ちゃんと大人になったのだから体験したい!
けど料亭は敷居が高くて気後れしそう…。
ならば料亭の面も持つ老舗旅館ならば、
浴衣で気軽にご飯もいただけるし、温泉
にも入れる!!との考えで、嵐山という
地を選んだのですが大正解!!
20171129.jpg
創業明治三十年で、京料理に定評も
あるという渡月亭さん。
20171181.jpg
お部屋はとっても広い和室。
なんだかノスタルジー感じるお宿。
最近和洋室とか新しいお宿にばかり
泊まって来たから新鮮です。
20171182.jpg
3階なのにお庭付き。
お部屋に仲居さんが案内してくれた後、
お抹茶とお菓子を運んでくださって一休み。
20171171.jpg
おお!隈取のお菓子(#^.^#)
仲居さんからはんなりとした京言葉が
出て母が「京都に来たな~って感じが
しますね」なんて言うと、実は仲居さんは
京都の出身ではないんですと。まだ京都
に来て1年半、しかし京都という土地と
着物に憧れてこの仕事に就いたこと、
仕事もそろそろ慣れはじめ余裕ができて、
やっと京都の四季を楽しみ始めたこと、
今年は南禅寺の紅葉がすごく素敵だった
ことを話してくれました。
20171172.jpg
仲居さんが去って、早速お部屋を
ウロチョロし始める姉妹(笑)
窓の外にはさっきまでいた渡月橋も。
20171173.jpg
観光客もちらほら見えます。
きっとこの景色を見る観光客はここには
私たちだけかしら、なんて優越感|д゚)
20171175.jpg
夜になると人気は全くなくなり静か。
なんだか本当にあの人がごっちゃり
の京都に来たのだろうか?
夢を見ているみたいな錯覚。
20171174.jpg
仲居さんが浴衣を数種類持ってきて
くれていて3人で各自選んでみました。
私はもちろん一番地味な左の藍色(笑)
歌舞伎を観て温泉に入りたい!が去年
のちょっとした夢でしたが叶いました~。
丁度到着してすぐ大浴場へ行きましたが
1組の外国の母子だけが入っていて
のんびりすることができました。
20171176.jpg
さてお待ちかねの京都の晩御飯。
無形文化遺産に選ばれた和食。
日本で生まれ、日本にいながら、
本格的な職人さんの手がける本物
の和食に触れるなんて機会はそう
そうないのだから悲しいですね。
20171177.jpg
京都は特に見栄えも芸術的に磨かれ
てきた和食文化でもあります。
その昔日本の中心であったことから
きっと全国から美味しい食材が集まって
きたのでしょうね…。
20171179.jpg
丁寧な仕事にハッと息をのみます。
なんだか食べてしまうのも勿体ない。
201711710.jpg
デザートまで季節感が出ていて可愛い!
201711711.jpg
デザートと一緒に仲居さんが寝巻の
浴衣も持ってきてくれました。
寝巻用浴衣があるなんて(*ノωノ)
古き良き日本のレトロが京都の古都
の空気に溶け込んでいるようでした。
201711712.jpg
レトロと言えば!
3日目は、嵐山をゆっくり散策してから
ボチボチ空港方面へ戻るかと予定
していたら母が「なんだかもう嵐山は
いいや…」とか急に言うので朝から
予定変更。どこへ行こうと悩みに悩み。
チェックアウト後嵐山駅に向かって
当てもなく歩いていると三条行きの
バスが目に留まり、ふらっと乗り込む。
アパートやスーパーや学校などの地元
の人には当たり前の景色が観光地では
ない「本当の」京都に感じられて新鮮で
楽しい40分のバス旅になりました。
そして河原町で降りると、母が今度は
「パンが食べたい」と言うので急遽調べて
近かった「フランソワ喫茶室」へ。
201711713.jpg
最近禁煙になったようで、正直築地より
私は雰囲気も空気もこっち派だなと。
古都とはまた違った一面。
201711714.jpg
ホントにごめんなさい、正直ただの
ピザトーストだと思っていたのに
運ばれてきたのはとっても本格的な
ピザのトースト。お、美味しい(◎_◎;)
姉妹ですっかりはまってしまいました。
201711715.jpg
母は卵サンドが食べたーいと注文。
運ばれてきて「えーこれじゃない」。
何度も京都の卵サンドは卵焼きが
挟まっているんだと言ったのに、
「マヨネーズであえてあるやつが
好きなんだよなぁ」何度も言いながら
不本意そうに頬張る。どうも京都という
街は母にははまらないようで残念。
201711717.jpg
神社もお寺も興味ないという母を
無視して祇園方面へ歩いて建仁寺
を目指してみます。3日目はとにかく
ゆったり過ごしたかったのです。
201711716.jpg
一歩路地を違えば観光客も通らない
そんな祇園の小路もあるんですよね。
そういうの探すの大好き。
201711720.jpg
前回来た時は紅葉がまだ残っていて
オレンジのイメージだった建仁寺の庭。
1日目のどしゃぶりどうなるかと思った
けど3日目はこんなに晴れて穏やかです。
201711719.jpg
写真OKのお寺なので遊んでみました。
題「漫画のように叱られる妹」
201711718.jpg
題「像の見る夢(あなたの知らない世界風)」
201711721.jpg
秋の名残…。
201711722.jpg
3日目は驚くほどぼーっとしました。
忙しない心をいったん降ろして、
風の音、太陽の光、鳥の声を感じながら
目を閉じで今年1年を振り返ってごらん。
と母を諭したら大人しくなった(笑)
きっと母は去年亡くなった叔父の事を
考えているのだろうなと。思った。
やっと落ち着きそろそろ旅行もしてもいい
かなぁとなんだかんだ言いながら喜んで
京都へ着いてきたのでした…。

3人で並んで縁の上で目を閉じて。

京都の旅はこうして幕を閉じたのでした。
おわり(^^)/
201711723.jpg
おまけ。
妹の耳にはツルの折り紙ピアス!
ずっと京都にして行くと決めていたとか。
きっと私が毎回着物にテーマを持たせ
ているのを真似ている…のだろうか。
最近「あそこにはこのピアス、この演目
にはこのピアス♪」と選んでいるのを
よく見る(笑)この前はなんかの演目の
時に忍者のピアスでびっくりした。
洋服でもテーマ決めるもいいな(#^.^#)
--------+------------------------
ランキング参加中です
お気に召したら1日1ポチお願いします(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・ふだん着物ランクへ飛びます

---------------------+---------
スポンサーサイト
[2017/01/18 12:00] | キモノ日記 | コメント(0)
<<梅コーデでお友達と新年ランチ* | ホーム | 京都で過ごしたXmas【嵐山でアフタヌーンティ】*>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

旅と着物@東北発


2017年がスタート!!着物日記、旅行記など、綴っていきたいと思います!

プロフィール

千代

Author:千代
着物大好き仙台人、千代(ちよ)です。
食べ歩き、カフェ巡り、旅行にハマってます。

【すき】
・お着物  ・カフェ巡り  ・温泉旅 
・ALI PROJECT    ・KAMIJO
・黒色すみれ     ・陰陽座
・Living Dead Dolls
・御朱印集めも始めました

最近の記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。