スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
錦秋名古屋 顔見世&猫と焼き物の町*
親戚も知人もいない訳で、
縁のないと思っていた名古屋。
20161043.jpg
歌舞伎観るためだけに行ってきました(笑)
チケット発売前日まで行く気無かった
のに急遽決めてしまった・・・。
折角初めての名古屋、歌舞伎だけで
なく楽しまなくちゃ!と、限られた時間
の中で観光も少し、してきました。
帰宅後、とある番組で「魅力度の低い
都市第一位に名古屋」…びっくり(・.・;)
とりあえず姉妹の名古屋旅をまとめて
おくので旅行予定の方の参考になれば。
20161041.jpg
名古屋には御園座という劇場がある。
しかし建て直しのため現在は
特殊陶業市民会館にまねきを挙げて、
約1か月、歌舞伎が上演されていく。
できれば御園座で見てみたかったな~。
20161042.jpg
今回、仁左衛門さんと時蔵さんの
「じいさんばあさん」が気になって。
初観でしたがもう、ヤバいのね。
今でも動悸!キュン死するかと思った。
ニザ様がいいんだろうな。
純粋で嘘がつけない、誰からも愛される
少年みたいな旦那さん。とにかく妻ラブ
な所がもうツボすぎた。

森鴎外の10ページたらずの短編を、
1時間ちょいかな?歌舞伎にしています。

見てるこっちが恥ずかしくなるような
ラブラブの夫婦(ニザ様&時蔵さん)。
誤って旦那さんが人を切ってしまい、
産まれて間もない息子と愛する妻のいる
江戸に帰ることができなくなります。
しかし37年後、甥っ子夫婦が大事に住み
守っていた2人のマイホームにて再会する
ことに!お互いおじいさん、おばあさんに
なってしまっているので初め互いが誰か
解りません(笑)しかし旦那さんの癖を見て
「旦那様!?」と妻気付きます。
これから二人の余生…ではなく、これから
が二人の止まった時間が動き出すんだと、
白髪の老夫婦は37年前と変わらずラブラブ
イチャイチャである。
それを見て若い甥っ子夫婦も「あのような
夫婦に私たちもなりましょう」と言って幕。

「壺坂霊験記」も夫婦の話。
染五郎さんと孝太郎さんの夫婦。
盲目の旦那さんが自分の目の事でひどく
悲観的で、こんな自分では妻を幸せに
できないっと崖から身投げ。
妻も後を追って同じ場所から身投げ。
観音様に命を救われ、目も見えちゃうわ
急にひょうきんになるわな旦那さん(笑)

「橋弁慶」は有名な弁慶と牛若が出会う
あの場面を能から歌舞伎にしたもの。
弁慶は彌十郎さん。
弁慶って荒くれ者で大酒のみのイメージ
もっているのですが、彌十郎さんって
そのイメージぴったりかもとちょっと思った。
お酒はお酒でもワインのイメージ(笑)

とにかく仁左衛門さん、時蔵さんが一度に
観れてもう幸せが止まらないのでした。
今年は時蔵さん(姉妹は時蔵姐さん、時蔵
姉貴と呼ぶ)見たさに秋田にも行ったし、
贅沢しすぎたなと反省。でもやめられない;
20161045.jpg
朝一の飛行機で名古屋に入り、
すぐにまず向かったのは常滑。
セントレア空港から駅2つほどです。
焼物と招き猫の町!
招き猫が大好きな私、もう夢中。
20161046.jpg
駅からずらっと続くのは猫の焼物
の作品が並ぶ「とこなめ招き猫通り」。
この壁の真上には…
201610410.jpg
とこにゃーん!!
これが常滑で一番の目的でした(笑)
201610411.jpg
首だけがヌーンとでています。
そして小さな猫たちが見つめている。
20161044.jpg
この猫も焼物なのですよ。
201610412.jpg
壁の上はこのように小さな猫たちが
くつろいでいるような焼物オブジェが。
20161049.jpg
常滑は平安時代から焼物で栄えた
町なのだそう。たくさんの窯元さんが
今でも点在しているのです。
201610413.jpg
町をふらりと歩いているだけで、
201610414.jpg
ひょんなところに焼物が。
201610415.jpg
宮城にはなかなか無い色
をしている常滑の町、常滑の空。
201610416.jpg
おおっと!
アンティーク着物だって??
201610417.jpg
看板に導かれて細い道を進むと、
古民家?レトロな建てものが。
店員さんらしき女性が出てきて、
勧められるまま店内へ。
手作り作家さんの小物がはんぶん、
アンティークなどの着物もはんぶん。
作家さんの作?帯やオーダー制の
草履なんかは現代ものですんごい
可愛い!近ければなー草履オーダー
したかったなあ(´・ω・`)
201610418.jpg
荷物になるしな…と半襟と帯留だけ
頂いてきました。半襟は京都の作家
さんのもので、絹を染めているとの事。
201610419.jpg
帯留は常滑の作家さん作の陶磁のもの。
まさか常滑で着物小物買うと思わなんだ。
・・・
この日の名古屋は30℃くらいあり、
空港を出た瞬間から髪はうねる、腕は
べとつくくらい湿気が凄く、まるでサウナ
の中を歩いているような;さすがに夏で
も寒がりな妹も「もう無理、歩けない」と。
201610421.jpg
常滑で人気の「ニーノ」さんに避難。
ここでランチをすることにしました。
201610422.jpg
こちらも古民家カフェですね。
1階は雑貨屋さん、2階がカフェです。
一番乗りだったので窓際ゲット。
201610423.jpg
前菜がとても可愛いし綺麗!
お皿も常滑焼なんです。
201610424.jpg
選べるランチは鮭と野菜のスープに。
どれもホントに美味しかった!
201610420.jpg
常滑、着物にすごく合う町並みでした。
暑くなけりゃな…。そして失礼ながら、
常滑に人そんなにいないだろうと思って
行ったらごった返す人!?よくよく見たら
「ポケGO」やってる人たち。スポットに
なってるっぽかったです。焼物には目も
くれてませんでしたよね、はは。
そう言えば最後の昼ドラの舞台もここ
常滑でしたね~好きで見てたんです。
気になる和菓子屋さんもあったけど、
とにかく暑くて…暑くて、移動(・.・;)
翌日歌舞伎観劇だし無理はしない
ように、と。
201610427.jpg
うーん、でもでも、
らしいものも見たい!と名古屋城も。
201610428.jpg
金シャチね。
お城に興味の無い姉妹は、
なんともあっさり名古屋城観光;
見たいと言っておきながら(;・∀・)
201610425.jpg
らしいものも食べたい!と味噌カツも。
宿泊ホテル近くの「マ メゾン」さんにて。
八丁味噌、私大好きで、絶対食べて
帰りたかった(^◇^)
201610426.jpg
お昼の部の歌舞伎観劇には近くの
おにぎり屋さん「むすびたて」で天むす♪
注文するとその場で握るんですね!
一口サイズで観劇に抜群。
201610429.jpg
名古屋と言えば「コメダ珈琲」発祥。
しかし宿泊したホテルから近かったし、
コメダは宮城で入ったことがあるしで、
星乃珈琲にて翌朝はモーニングしたの
でした。
201610430.jpg
宮城にも星乃あるのですが、
まだ行ったことが無かったので。
ある役者さんのブログで、私たちの
宿泊してたホテルに役者さんも泊まって
いらっしゃったと知りテンションが上がる
妹(笑)とフレンチトーストで朝食。
前日は30℃近くあったのに翌日は25℃。
ホテルの目の前にショッピングセンターが
あったので慌ててカーディガン買い足し。
ホントにおかしな天気で旅行はここが
大変だったりするのですよね。
201610431.jpg
おまけにセントレアの内部。
羽田空港みたいに日本家屋風の
お店が並ぶ一角がありました。
201610432.jpg
セントレアのスタバもこの通り!
201610433.jpg
お茶と甘味のお店で一休み。
歌舞伎の事、名古屋観光の事で
盛り上がりつつ帰りの飛行機を待つ…。
--------+------------------------
ランキング参加中です
お気に召したら1日1ポチお願いします(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・ふだん着物ランクへ飛びます

---------------------+---------
スポンサーサイト
[2016/10/10 10:00] | 旅と着物(宮城県外) | コメント(0)
<<チーズで溺れる!?ピザ屋さんに1時間40分並ぶ* | ホーム | 揃い柄の羽織と小紋仕立てました*>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

旅と着物@東北発


2017年がスタート!!着物日記、旅行記など、綴っていきたいと思います!

プロフィール

千代

Author:千代
着物大好き仙台人、千代(ちよ)です。
食べ歩き、カフェ巡り、旅行にハマってます。

【すき】
・お着物  ・カフェ巡り  ・温泉旅 
・ALI PROJECT    ・KAMIJO
・黒色すみれ     ・陰陽座
・Living Dead Dolls
・御朱印集めも始めました

最近の記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。