スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
水芙蓉*
お寺の境内に見事な蓮。
本当に綺麗。
このお寺は毎年お盆前に来ると見事な
蓮が見られるので好きだけど、
この日はいつもとは違うのでした。
20167101.jpg
先日、早朝に叔父が危篤と連絡を受け、
病室にかけつけると、親族に囲まれて顔を
歪めて痛みと闘いながら息をなんとか
繋いでいる叔父の姿。
一時はかなり危険な状態だったのが、
親族が次々到着すると、不思議と容体が
良くなって落ち着いたので、もしかすると
今夜まで…という事になり、みんな一度
病室を出て仕事や家庭に戻っていきました。
しかしそれから2、3時間ほどで容体は急変、
思っていたよりずっと早く旅立ってしまいました。

口数は少ないけれどいつもニコニコして
いた叔父。かなり恰幅のいい人でしたが
最期はまるで現在入院中の祖母と同じ
くらいなのではと思うくらい2周り近く小さい…。
子供や孫にも慕われてお葬式は涙の多い、
叔父の人柄が現れるようなものでした。

母の実兄に当たり、父にすれば義理の兄で
あり仕事では古くからの得意先でもあるので、
母も父も、姪に当る姉妹も、家族全員参列しました。

叔父の優しさが、最後まで感じられるようでした。
家族がこうして揃うことなど何年振りだろうか。
夢を、見てるんじゃないかと思った。
もう母の親族にはかかわりたくないと頑なに拒み、
挙句、家を出た父が普通に参列しているっていう。
それを見て叔母も涙を浮かべてましたっけ。
家族が揃ったねって。
叔父が亡くならなかったら、きっとこんなことが
叶わなかったなと思って、感謝しています。
心なしか父もすっきりとした表情で、上機嫌で、
母とも何年振りかまともに会話をしてたりして。
姉妹のお酌もすごく嬉しそうに受けてました。
頑固だけど、きっと一番ナイーブなんだな、父は。

しかし、叔父の実母も弟もまだ生きているのに
病院へ入っているため、叔父の死すら知らされず、
葬儀にも来られないことがなんとも悔しく寂しい
気持ちにさせられたのです。
--------+------------------------
ランキング参加中です
お気に召したら1日1ポチお願いします(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村・ふだん着物ランクへ飛びます

---------------------+---------
スポンサーサイト
[2016/07/11 12:00] | 日々のつぶやき… | コメント(0)
<<紫陽花神社にて* | ホーム | そろそろだそうか夏の履物*>>
コメントの投稿
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

旅と着物@東北発


2017年がスタート!!着物日記、旅行記など、綴っていきたいと思います!

プロフィール

千代

Author:千代
着物大好き仙台人、千代(ちよ)です。
食べ歩き、カフェ巡り、旅行にハマってます。

【すき】
・お着物  ・カフェ巡り  ・温泉旅 
・ALI PROJECT    ・KAMIJO
・黒色すみれ     ・陰陽座
・Living Dead Dolls
・御朱印集めも始めました

最近の記事

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。